感想日記

演劇とかの感想を感情的に書きなぐってます。あくまでも「感想」だし、備忘録としてネタバレしまくりなのでぜひ気を付けてください。でもあらすじとかはあんまり綺麗にはまとめてないです。

『テンペスト』

2020/03/30

もうどうしようもないぐらいに伸びた春休み。
せっかくなのでシェイクスピア制覇しようと
この間からちょいちょい読みだしました。
内容を知ってたり、舞台で観たことあるのは
一旦置いておいて頑張ってます。
ハムレット』とかは観すぎてる笑。
少なくとも4パターンぐらい観てます。
正直こうなると今更読むの?感がやばいので
知らない話から手当り次第読んでたんですが
今日読んだ『テンペスト』最高ですね。
なんかこう暖かい気持ちになれるというか。
まあ細かいところ突っ込むと
植民地における支配被支配のうんたらかんたら、
小難しくてデリケートな話が出るんでしょうけど
普通に物語として読むと、赦しの劇なので
なんか読後感が気持ちいいです。
ハワイでめっちゃバカンスエンジョイした
みたいな気持ちになりました。
ファンタジーなのも最高。
あと色彩感が極彩色でキラキラしてます。
サイモン・ラッセル・ビールさんがやられた
エアリエル観てみたかったです。
絶対お茶目&反抗的じゃん。素敵すぎる。

正直シェイクスピアの戯曲って
読んでても???ってなったり(人多すぎ)
なんか...つまんない...気がする...ってなるけど
これは珍しく面白かったです。
"唯一三単一の規則を守った?"と
言われるだけあって(ボワローとかのあれです)
人物関係も比較的スッキリしてて読みやすい...。
まあ単に私が慣れてないのがダメなんですが笑。

明日からは『ペリクリーズ』行こうと思います。
頑張って教養増やすぞー٩(´・ω・`)و