感想日記

演劇とかの感想を感情的に書きなぐってます。

『赤鬼』

2020/08/03
東京芸術劇場 シアターイース
f:id:monsa_sm:20200804095503j:plain



自由席ってきいてて、ちょっと不安だったけど、
整理番号順にスタッフの方が
なんと1人ずつ案内してくれて、
"うわすごい対策!"って思いました。
劇場も囲み舞台みたいな感じに
なってはいたんですけど、
客席と舞台の間に見たことないレベルの
でっかいビニールシート

暗転するまで見づらいかな?って
思ってたんですけど、いける。全然余裕。
暗転したらビニールシート全然気になんない。
役者さんと目がしっかり合うぐらいクリア
結構舞台と観客席近かったんだけど、
飛沫感染の心配はほとんどゼロでした。
ただ、役者さん同士は、もうほぼ
唾と汗の掛け合いになってて、

(なんせほら、"速度の演劇"だしね...)

そこは心配といえば心配だけど、
きっと検査かなんかして安心なんでしょう!
お体に気をつけて残りの公演
千穐楽まで頑張ってください!(謎の応援)

いやでも考えてみれば野田秀樹さんの舞台、
初めてちゃんと観ました。
仮にも演劇勉強してるのに半年間も
手をつけられれなかったのはコロナのせいです。
この『赤鬼』も、コロナ禍でなかったら、
もっと違った感想だったんだろうけど、
とにかく役者さんたちの、身体の振動が
どしんどしんと伝わって来て、

"うわあーなんか、演劇観てる!"

ってなってなんかもうそこだけで感動笑。

えっと、観たのが昨日の夜公演なので、
B teamになるのかな?多分。
ど素人ですがそれでもなんか
魅力的な役者さんばっかりなのは、
さすがに分かりますよ!!

特にあの、攫われた赤ちゃんのおかあさん役、
あの女優さんすごい好き。
パワフルで見てて、スカッとしました。
ちょっと顔が白石加代子さんを
思い出させるような...。
えー名前なんて言うんだろ。分からん...。
後でパンフレットで調べよう。(ただいま出先)

あとは、ミズカネ?役の方も面白い。
間違いじゃなければ加治将樹さん、でいいのかな。
肉弾戦の演技が最高でした。

"足りない"トンビ役の方(秋山遊楽さん)も
なんか、男性にしてはかなり声が高くて、
いい感じに明るい異質感があって
うわーハマってるなあ、と思いました。

あの女役の浦彩恵子さん?も
めっちゃ美人で近くに来た時、
女だけど"ふわお"ってちょっとなりました笑。
ただ、ビニールシートのせいか、
ちょっと叫んだ時に音が上に抜けてて、
何言ってるか分からない時が、
たまーにあったのが残念...。
今度戯曲読んでみようと思います。

赤鬼が喋ってた言葉もどう"書いて"あるか、
ちょっと気になるし...笑。

聞き取れたのは

I have a dream.(私には夢がある)
Let freedom ring.(自由の鐘を鳴り響かせよう)
Over the sea.(海の向こう)

の3つだけだったんで...。
(最初は中国語か韓国語かと思った)
3つ目はともかく、残り2つはキング牧師のあれ。
まあ、赤鬼っていう異国民に対する迫害、
みたいなのが、でかいテーマなので、
公民権運動のスピーチ持ってくるのは、
納得しかないですね。
最近、感染者に対しての誹謗中傷も
なんだか結構あるみたいなので、
いや人間ってほんと怖いなあ、と思いました。

(でも正直、誰かを誹謗中傷するだけの、
体力と気力が有り余ってるなら、
分けて欲しいとほんとに思う。暇すぎだろ)

あ、あと大爆笑したのは、アベノマスク弄り

"赤鬼の退治どうしよう...?!"

みたいな集会で島民全員がマスクつけて、
ギャーギャー喋るんですけど、
だんだんズレてきたり、そもそもズラしたり、
如何にあのマスクが意味無いかみたいなのが、
よーく分かりました。小さいね確かに笑笑笑笑。
ギリギリアウトな気もしますが、
最高に面白いと思いました。よくやった!

まあ、とにかく身体どったんばったん動かして、
風とか海とか波とか表現したり、
唾が互いにかかりあうぐらい、
声はりあげて早口で捲し立てたり、
すごいエネルギーの舞台でした。
本音としては普段ならこういうの、
あんまり好きな方ではないんですが、
コロナ禍の今だとほんとに観てて爽快!
憐れみと恐れはないけど
ある意味カタルシスでした。最高や。

あ、あと

「たぶん、ぼくは
いろんなことがわかっていないから
いきていられるんだろうとおもいます」

っていう、最後のトンビのセリフが、
なんとなーく耳に残ってます。
これは確かに一理あるなあと思う...。
色んなことを考えちゃうと、
例えば今コーヒーをカフェで飲んでるんですが、
このコーヒーをここまで運んでくるのに、
どれだけの搾取があったのかな、
なんて考えちゃうと、
どれだけの過酷な労働があったのかな、
なんて考えちゃうと、
ちょっとさすがに美味しい!って、
気楽に飲めないですよね。

でもそんな事常に気にしてたら気が狂うし、
かといって無視してもそれはそれでダメ。
でも知れば知るほど「絶望」しか待ってないし...。

...うーん、最近なんだか、
チャンドス卿とお話したい気分です笑。
ホフマンスタールのあれですあれ。
色々ムズいなあ...。

まあでもとりあえず、ですが、
野田秀樹さんの舞台をちゃんと観たので、
一応ざっくりアングラから静かな演劇まで、
網羅したか...な...?うん。
広瀬すずさんとかそんな有名な方が
出られるでかい舞台はなかなか取れないですが、
また野田秀樹さんのやつ、機会があったら、
観に来ようと思います。

という訳で!『みんな我が子』行ってきます!
アーサー・ミラー!戦争と経済と家族!
重いよ!くっっっっそ重いね!!?
...明日は『フリーバッグ』が待ってるので、
いっちょ頑張って観てきます。
アーサー・ミラーね...大好きなんだけどね...
キッついんだよね...精神が...( °ᗜ°)ハハッ