感想日記

演劇とかの感想を感情的に書きなぐってます。あくまでも「感想」だし、備忘録としてネタバレしまくりなのでぜひ気を付けてください。でもあらすじとかはあんまり綺麗にはまとめてないです。

『吉例顔見世大歌舞伎』第一部『蜘蛛の絲宿直噺』

2020/11/20
歌舞伎座!!!!初めての!!!!
f:id:monsa_sm:20201120121934j:plain




ついに来ちゃったよ歌舞伎座!!
2年強演劇勉強してるくせに遅すぎますね笑。
というのも歌舞伎には謎の苦手意識があって...。

内容かな、多分内容なんだろうね...。
忠義とか情愛とかついていけないんだよね...。

とか思ってたらこの間テレビに猿之助さんが出てて、
これの告知してたんですけど、その時に、

"あれなんかこれだったら面白そう"

みたいに、めちゃくちゃ珍しいことに思って、
即チケットとりました。思い立ったが吉日。



案の定面白かった...!ありがとう私の勘!



あらすじ?はなんてことない感じで

館の寝所で源頼光が病気で寝てて、
隣の間で、頼光の家臣の坂田金時碓井貞光
(なんかこの辺名前聞いたことある人達)
寝ずの番で警護にあたってて、
それぞれの女房たちも控えてるって感じ。
(あ、頼光って妖怪倒したあの人か)

そこへ女童熨斗美、小姓澤瀉、番新八重里、
太鼓持彦平、傾城薄雲が(全部猿之助さん)
入れ替わり立ち替わり現れて
蜘蛛の糸を撒き散らしていく(言い方)。

みたいな感じでした。なるほど。

(ちなみに、能の話だけどあの蜘蛛の糸って
めっちゃお値段高いとか聞いたけど、
やっぱり高いのかしら...:( ; ´꒳` ;):ガタガタ
だとしたらすごい量だったなあ...笑)

いやなんかもうね、とにかく派手笑笑
あと設定として頼光が病だから、
新型コロナウィルスのいじりが酷い笑笑。
「レムデシビル」とか言ったよ笑笑笑。
まさか歌舞伎で「レムデシビル」聞くとは...。

いや、でもほんとに早く治まって欲しいなあ...。

けど多分最初にそういうネタ突っ込んでくれたんで、
なんかすごくついて行きやすかったです。

あと歌舞伎生で初めて観たけど、面白いかもよ!
映像で観てた時は五分で爆睡してたのに!!

3階席で観たからか、迫力は凄いんだけど、
上から立体仕掛け絵本を覗いている感じというか。
演目も相まってからくり箱みたいで、
(色んな襖とか、上下左右、いろんな所から
くるくる登場してきて面白かったです)
ちょっと可愛いかも、と思いました。

あと効果音ね!?なんかかっけえ!!!

(上手でなんか座ってバンバンやってるやつ。
調べたらツケっていうらしい。なるほど。)

立ち回り(でいいのかな)の時とか、
音で迫力出ててすごかったです。
バンって木の固い音が3階席の上の空間まで抜けて、
ちょっとふおおおおおおお!!!ってなりました。
これは映像だとわからない。無理。

...毛嫌いしててごめん歌舞伎○| ̄|_=3

あと市川猿之助さんが普通に凄かった。
いや歌舞伎なんてこれが観たのがほぼ初だから、
何が凄いのかよくわかんないけど凄いのはわかった。

あの最初の禿の女の子がまじで女の子...
えええなんでちゃんと可愛いぞ...なんで...。

(中の人中年のおっさんなのに.....)


あと男の人に戻った(言い方)時とかは
なんか粋って感じで(太鼓持ちだし)かっけえし。

ええええええなんでええええええ

指先とかなんか雰囲気がすごかったです。
どうすればあんな色気が出るのかな...…( 。ω。)?

あと3階席から観たけど意外と見えるな細部。
安い席でここまで見えるならいいかも。
もうちょい慣れたらいつか花道での
役者さんとか間近に観てみたいけど。

それにしても蜘蛛の糸の回収に頑張ってる
黒子さんがまたちょっと可愛かったり。
見えない決まりなんだけど、思わずがんばれ!
ってなりました。しょうがないよね笑。

いやそれにしても演目が私の好みにドンピシャ、
っていう幸運なのもあったけれど、
歌舞伎...悪くない...というか楽しい...。

実は歌舞伎の勉強全然興味持てなくて、
演習の時間とかほとんど死んでたんですが、
もしかしたら好きになれるかも...。

また楽しそうな演目とか先生オススメの演目とか
来年からはチラチラ観に行こうかな...。
歌舞伎座の場所も覚えたしね...。
あとは国立劇場かな...あっちもいいかも...。

でも今年はね...もうね...帰る...!地元に...!!!

シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい』
『幸福論』シラノ・ド・ベルジュラック
予定が合えばNTLiveのアンコール観て帰る...!!
(あれ、割と多い)

今年も結構頑張って、お金使って、劇場行って
そこそこのラインナップの演劇観たんじゃない?
怒涛のNTLive夏祭りもコンプリートしたし。
オンラインの配信も観まくったし...。
去年には到底及ばないけどコロナ禍の割に頑張った、
ような...気がしなくもない...ような...あれ...うーん...

どうしても商業演劇寄りになって
あんまり小劇場系行けてないけど...。
...情報収集能力と行動力が欲しい...。
本当はKAATとかにももっと行きたいんですけどね。
いかんせん遠いんだよなあ...。

とりあえず去年は記念すべき初の生歌舞伎が
楽しく観れたことに感激しながら、
翻訳の授業の発表の準備でもするかな...。
仮名手本忠臣蔵』もやんなきゃだし...。
がんばる...がんばるよ...。(既に死にそう)

追記:今思い出したんだけど、妖怪として
最後に隈取り状態で登場してから、蜘蛛の糸
縦横無尽に飛び散る中、華麗に回転しながら、
動いてたのがほんとに綺麗だった。
若干足元とかに蜘蛛の糸が絡まっていくし、
白い着物はくるくる翻るしで何あれ絶景。
それに黒髪長髪が乱れるんだよやばくない?
(考え方・言い方及び書き方が完全に変態)