感想日記

演劇とかの感想を感情的に書きなぐってます。あくまでも「感想」だし、備忘録としてネタバレしまくりなのでぜひ気を付けてください。でもあらすじとかはあんまり綺麗にはまとめてないです。

久しぶりのサーカスでテンション爆上げになった『フィアース5』

2021/10/09

世田谷パブリックシアター

f:id:monsa_sm:20211010093059p:plain

写り込みが激しいけど顔はマスクあるしたぶん大丈夫なはず

 

 

今年は世田谷パブリックシアターに通いまくってる気がします。もう…これで4回目??狂言劇場、森フォレ、検察側)かな。結構すごいかも。

 

2019年When Angels Fall/地上の天使たち』でめちゃくちゃに感動したので今回も期待値爆上げで行ったら、期待を裏切らない楽しさと面白さでした。

 

でも図書館で『書を捨てよ町へ出よう』観終わってから向かったら、開演15分前につくという、1時間前行動当たり前(そして劇場の周辺を探索する)人間には、デッドオアアライブの展開でした。

そろそろ真面目に恨むぞ寺山修司。なんなんだあの顔面クロース・アップのエンドクレジット代わりみたいな映像。何かあるかと思って観てしまったじゃないか。あと結構な方言だったけどあれ東京の人どこまで初見で聞き取れるのかは単純に気になる…。

 

 

☝とか書いているのは10月10日だったんですが、ただいまあっという間に10月22日です。とてもおかしい。寺山修司の発表は無事に終わりました。あのぶんだと評価Aはくるはず…。たぶん…。

 

てなわけでサクサク行きます。

ロロPARCOの『ジュリアス・シーザーの感想もまとめてないので急がねばならぬ…!!

あとどうでもいいお知らせなんですけど『THE BEE』のチケットを無事確保できたので11月に行ってきます!!

 

 

公式サイト(舞台写真が豊富だよ)

setagaya-pt.jp

 

そういえば、初日に舞台観に行くって久しぶりでした。ちょっと贅沢感。

 

この間観た時も思ったけどちょっとグロくて好き

観客席入ったら、かなり無機質で飾り気のない感じの舞台装置だったので、「なんか稽古場みたいだな…」と思ってたら、どうも、あるステージへ向けて、それぞれのアーティストが試行錯誤しながら稽古している、っていうストーリーっぽかったです。

その様子をオムニバス形式みたいな感じで構成している印象でした。

 

綱渡りの人が最初に練習し出すんですけど、綱渡りまだ慣れていない設定みたいで、あえて下手な演技でやるので、「頑張れ…!!」と謎の応援しながら観ちゃいました。

あとなんかこの綱渡りの人、バク転も出来ない設定らしい…?

超ビビりながら補助付きの練習している場面が続きにありました。

結局ラスト(衣裳もちゃんと着てステージに今から出るぞ、って言う場面で終わる)までできていなかったような…??

そういえばキャスト表見たら綱渡りやられていた吉川健斗さん、今回がタイトワイヤー(綱渡り)初挑戦とか書いてあって、ちょっと信じられないですね…プロってすごすぎじゃね…なんでもできるの…???となりました。

 

綱渡りの人が綱渡りしているワイヤーのすぐ下で、たぶん杉本峻さんって方かな…なんか座長っぽく綱渡りを指導している人がいるんですけど、ちょっとちょっかいだしたり、失敗しそうになるとあわあわしてたりしてかなりコミカルでした。

 

でもコミカルなんだけど、綱渡りしている人に「こういう風に動くんだよ」みたいに動きを教えていたり、綱渡りの人が止まってしまったときは発破かけるみたいにして動かすので…。

しかも他の演者さんはそれを周りでじっと見ていたり、あるいは綱渡りの人が綱の上でやっている動きと同じ動きをしていたりするので…。

 

なんかコミカルなんだけど、「外部から動かされている」みたいに見えて怖いぞ…?

 

って感じました。

 

この印象は結構ずっとあったかな、って感じです。

そういえばこの前のWhen Angels Fall/地上の天使たち』の時も似たような感想書いてあるんだよね…。

 

「想像を超えるレベルの電気スタンドみたいな装置が自由自在に動くから、人間を超えるいっそカミサマ的な何かがそこを支配してるって感じがする…!!」

 

みたいな感想を当時のメモに書いてます。

☟このサイトに写真とか動画がある。

natalie.mu

 

なんか、あんまりサーカスについては勉強したことがないので、感想どころかざっくりした印象でしかないんですけど、サーカスって色々な器具を使って、それで身体を機械化していくというか、肉体すら自由自在に用いることができる器具化(身体化?)していくみたいな感じがあるので、外部から力がかかる…、強迫観念…?みたいなものを意外とダイレクトに表現するのに向いてるのかな…と思いました。

 

ストレッチから始まってリングを使って空中でめちゃくちゃしなやかなパフォーマンスする人も、まるで中央にぶら下がっているリングから逃げようとするのに、逃げられずに引き寄せられてしまうみたいな演技していたし、アスリートとかも手に付けるのによく使ってそうな粉みたいなのをまき散らしちゃって、そのうえで何とか立とうとするんだけど結局は粉で、滑らざるを得ないみたいなコミカルなダンスしていた人も、なんかそんな感じのあれなのかな…と語彙力低めに思いました。

 

オムニバス形式で、それぞれのメインの人がいるんですが、それ以外の人は断続的に中央の人と同じような動きをしたり、ただじっと見つめていたりするので、余計外からの圧力みたいなものを感じてしまって…。

 

そうだあれだ、好きなことのはずなのに、極めようとするとなんか楽しくなくて、迫ってくるみたいに辛い時みたいな感じの印象!!

 

上手手前(たしか。うろ覚え)に椅子並べて、何人かで座って機械的に踊るみたいな場面も挟まれていたんですけど、その時は肥大化して互いに部分的に重なり合った不気味な影絵が舞台後方に写っているのも、なんかそういう、外部からの力と呼応して変な方向に拡大していきそうな人間のヤバめメンタルor自意識みたいな表現だったのかなあ…。

適切な語彙がロストしてる。辛い。

 

まあそう感じたのでそういうことでいいいですよね。どうせこれただの感想だし!

 

特にラスト付近の蜘蛛の巣みたいにロープが汲まれて、キャストの人がつるされた状態でパフォーマンスする場面なんか、ちょっとグロテスクなくらいそういうのが浮き彫りになっていました。

 

まずつるされるための器具をみんなからつけられるのを、あまり心地いいとは思っていなさそうな感じだったし、そのあと、何度も絶叫しながら、客席の方に走り出してくるんだけど、そのたびに、みんなが下で支えているロープをぐんっと下に引っ張って、つるされる人を舞台後方の空中に引き戻すんで、結構ホラーっぽかったです。

たまに映画でない??井戸とかに引きずり込まれそうで、何度も這い上がるけど足掴まれて落ちていくみたいな。

 

だから最後につるされている人が、舞台上方に設置されているむき出しの梁にのぼって、その真ん中から脱力したように地上に一気に落ちてくるシーンは、絶望して自殺でもしたのかとかなりぎょっとしました。

楽しいサーカスを観に来たのにメンタルにくるぞおかしいでもこういう予想外嫌いじゃない…!!

 

まああくまで稽古の設定っぽくて、その後マネージャーみたいな人が「早く準備してよ!!」みたいにぷんぷんしながら(ちょっとかわいかった)出てきたら、みんなそそくさと準備し始めるので、ほっとはしたんですが、その時、ステージ用の衣裳が、それぞれ袋に入って、ロープにつられた状態で、するする上から個人個人の目の間に降りてくるという…。

 

いやベケットかよ…!!!!

最近ちょっと色々読まさったんです。連想してしまうのは察してください…。

 

なんかあったよね…そういうの…。まあいいや…。

『言葉なき行為Ⅱ』は演劇博物館前での上演記録映像を観たことがあるんですけど、たぶんあれ以上に泣きそうになったヤツないんじゃないかな…。

講義中じゃなかったらたぶん泣いてた気もする…。あれはしんどかった…。まさか午後イチの眠たい講義で、「今を生きるという困難さ」みたいなものを突き付けられると誰が想像できるんだよ…。恨むぞ先生ありがとう…。

 

舞台中央で回転するものに当たる照明が強すぎて惚れる

ラストシーンでも、舞台中央につるされた砂袋みたいなモノに穴をあけて回転させると、それが徐々に上昇していくので、白っぽい粉?砂?がら螺旋状に、舞台に並んだ演者さんたちの上に落ちてくるんですが、その螺旋上に形成されたすぐ消えちゃう円柱みたいなモノに照明が当たるのがマジできれい。美しい。ちょっと言葉を失うレベル。

 

その下に演者さんたちが衣裳着て、わりと晴れやかな顔で一列にならんでるので、祝福しているみたいなスポットライト的にも見えたというか…。

 

ここまで結構しんどさがある内容だったけど最後は割と「でもそんなんでも人間は結構強い!」みたいな希望は残した終わり方で、観終わった後は意外とスッキリしてました。

 

それにしても、リングとか、あと2本のロープみたいなのを腕に巻き付けてものすごいアクロバットを展開するときのそのロープとか、とにかく舞台中央にあって、ちょっと回転したり、螺旋を描いたりして、なおかつ光を反射するモノへの照明の当て方がマジで上演中ずっと綺麗でした…。

 

シンプルな装置が多いし、器具的な身体の使い方しているから、そういう照明のちょっとした動きみたいなのがえらい印象に残るというか…。

 

照明大勝利だよ…好き…。

 

ちょっとハプニングが起きた(気がしただけかもしれない)

まだ小学校低学年かな、みたいな人も観に来ていたんですけど、上演冒頭って綱渡りの失敗を繰り返す場面なので、あんまり「いかにもサーカスです!!」みたいな迫力がなかったからか、「思ったよりおもしろくない!」って良く通る声(子供の声って変に力入っていないからかめちゃきれいに通らない??)が響いたときは、綱渡り初心者(という「設定」なだけだけど結構没入して観ていたので)の兄ちゃんショックで落ちんじゃねえか!?とかなりヒヤッとしました。それも含めて面白かったかな…。

 

もちろんその後一切そういう声が聞こえなかったので、きっと楽しかったのかな、と謎に年上のお姉さん気分でほんわかしてました。

 

P.S. 名も知らぬ君へ。

ごめん勝手にお姉さん気分に浸ってて。迷惑だよね。マジすみませんでした。

 

やっぱりサーカスはすごい身体とパフォーマンスが観られるので好き

また観に行きたいです!以上!!

 

というわけで駆け足で書いたのでこれから学校行ってきます。

 

週末に他の感想書いてしまえるといいんだけど…。


あ、全然関係ないんですが『スポンジ・ボブ ミュージカル:ライブ・オン・ステージ』はすっごい楽しかったです!!昨日ようやく観ました!

スポンジ・ボブ役の人の身体能力が冒頭から異常だしプランクトンが予想外過ぎて最高だったし、なにより緊急事態下での全体と個の関係性における権力の乱用や、差別、排除、扇動、盲信みたいなものが、子ど向けらしいポップで華やかで楽しさ満点の皮を被って余すところなく含まれていたので、コロナ禍が終わった後に、全世界で上演して全人類観ればイイと思う!!

ラストはみんなでごめんなさいして大団円なので、私も当然見習うけど、お偉いさんたちにも見習ってほしいな!!

 

なんか全体と押してとっ散らかった感想になっちゃった感があるけど、とりあえず行ってきます!

下手側のコクーン席で観たら想像以上に下手側での芝居が多くて「やってしまった…」となった『ムサシ』

2021/09/25

Bunkamura シアターコクーン

f:id:monsa_sm:20211010073644p:plain

 

 

もう観てから半月経ってしまいました…!!

学校が始まるとなかなかブログの時間がとれないです。

 

ちなみにどうでもいいけど今、私は寺山修司と絶賛格闘中です。

なぜか映画系の演習関連で。

田園に死す『書を捨てよ町へ出よう』を観たけどストーリーのわりには映像がとんがりすぎてて訳が分かりません。助けて。

海王星は無事確保しました。地元でもやるみたいなので何だかわくわくしてます。

 

あと今回の感想はタイトル通りです。ケチった罰ですかね…。

 

 

公式

horipro-stage.jp

 

☝サイトに載ってるダイジェスト映像

youtu.be

 

赤い月とか、THE!ニナガワ!!、と思うのは私だけかな…。なんかよく使ってたイメージあるよね…。蜷川幸雄演出は映像でしか観たことないけど懐かしいです。

 

懐かしいと言えば音楽の感じとかもなんとなく…。日本風なのと西洋風なの混ぜてここまで嫌味ない感じなのはすごい、と思いました。

個人的にはもうちょっと爆音でも良かったかなと思ったけど、それもやっぱり観づらい聞きづらい席で観たからなのかな…。

 

あと木が動く演出は海辺のカフカ…!!となりました。でもたぶん関係ない。

 

個人的にこういう話を『わが町』系と呼んでる(ネタバレ注意)

武蔵(藤原竜也)と小次郎(溝端淳平)が果し合いしようぜ!ってなっているのを、無念のうちに死んだ幽霊さんたちが一芝居うって止めにかかる話です。

 

すげえざっくり書くと、死者の視点を劇に持ち込んで、それで生のかけがえのなさみたいなものを浮き彫りにする、みたいなアレです。

 

こういうのを個人的に『わが町』系と呼んでいます…。

 

能管っぽい音とか、あと吉田鋼太郎さんが演じてる柳生宗矩が能狂いだというのもあって、「たぶんこれ誰かしら幽霊だろうな…」とは思ってたんですが(現代劇で能が出てきたら、たぶんまた夢幻能の形式とかの利用だろうな、ってことは誰かしら死んでるな、それか劇のどこかの部分か全部が夢オチだろうな、と疑ってかかる癖がある)今回も大正解と言えば大正解??

確信したのは筆屋乙女(鈴木杏)の「(雷に驚いて)生きているうちから苦手だった」って言う内容のセリフなので、大正解もなにもないんですけど…。

 

でもまさか武蔵と小次郎以外全員幽霊だとは思いませんでした。びっくり。

 

けど最近、「命大事に!」「かけがえのない今を生きよう!」とかあんまりポジティブな雰囲気のなか直接的に言われると萎える、というひねくれまくった現象が個人的に多発しているので、げんなりしてしまったのは申し訳ないです。コロナのせいかな…。

結構前に井上ひさし作品を「面白いけど、『俺こんなに面白く作れるんだぜ』『いいセリフかけるんだぜ』的な雰囲気が見えるからムカつく」と言っていたS君と今なら分かり合えるかもしれない…。

 

ケチった私が悪かった

何言ってるか聞きづらい。

下手で展開されるわちゃわちゃが観えないorかなり観えにくい。

武蔵の登場からして下手だったし最初からストレスフル…。

だからなんとなく笑いどころで笑えなくて最後まで置いてけぼり感がすごかった…。

 

結論:安い席買った私が全部悪い。

 

でもA席9000円は出せないよ…。シアターコクーンっていつも本当に高い…。

 

あと小次郎がわりと甘噛みしていたのでなんか調子でも悪かったんだろうか…。すごいセリフ量だしな…。

 

あととにかく吉田鋼太郎さんが無双してた

全身全霊をかけて客席というかもはや共演者を笑わせにいっていました。

舞台上で素で笑うというのが起こりうるのかは分かんないんですけど、集中砲火にあった武蔵と小次郎はちょっと吹いてました。どんまいです(笑)。

 

こういう楽しく仲良さそうなとこも含めて追悼公演だったんだなあ…という感じでした。

f:id:monsa_sm:20211010081655p:plain

こんなのが飾ってあって、撮っていいもんかと迷ったけど、
撮っている方多数だったので、心の中で手を合わせつつちゃっかり撮ってきました。

 

ただ最近個人的にメンタルがやさぐれているので、この内輪ノリと最後のカーテンコールでの遺影に感動する客席内の雰囲気に食傷気味になってしまったのも事実で…。

じゃあ追悼公演行くなよって話ですよねすみません…。

もはや私には人間として大切な何かが欠けているのかもしれない…。

 

すごく細かいこと

いろいろあって幽霊に説得されて果し合いをやめた武蔵と小次郎がそれぞれ旅?に最後出るんですけど、その時にたしか武蔵が人に小次郎のこと聞かれて「友人です!」みたいに答える感動シーンがあったと思うんですけど、そこの「友人です!」の言い方が、もっと小次郎の方見ながら「…だよね?」って感じで探るように言っていたら感動したかもしれないという個人の好みの話です。というかずっと好みの話しかしてないね!以上!

 

まとめというか

…特にまとめることないな…。

あ、前に観たNTLの『誰もいない国』座・高円寺2で観た悪魔をやっつけろーCOVIDモノローグー』とシアターイーストで観た『あたらしい憲法のはなし3』はもしかしなくても感想書けないまま終わるかもしれません。

『誰もいない国』イアン・マッケランがお茶目というかおじいちゃんたちがキュートすぎたのとあとあのアフタートークは俳優さんとかは絶対観ておくべきだ…と思ったとか、そんな感想しかないし、最後にあげたやつは色んな意味で泣きたくなったので記憶から抹殺しようかと思っています、という報告でした。

 

冬休みかな…書くとしても…うーん…。

全身に鳥肌&(美しさに)ニヤニヤしながら観てきた九月大歌舞伎第三部『東海道四谷怪談』

2021/09/19

歌舞伎座

f:id:monsa_sm:20210924102837p:plain

 

 

 

ちょっと最近新学期が始まるわ、卒論計画書ださなきゃいけないわ、でブログの更新が滞っていましたが、先週桜姫東文章に引き続いての歌舞伎座に行ってきました…!!

これで歌舞伎座は3度目かな

 

monsa-sm.hatenablog.com

 

 

古典芸能に関してはガッツリ役者さん目当てで行っています(笑)。

 

にざ玉コンビの四谷怪談…だと…!?

 

と鼻息荒くしてチケットもぎ取りました。変態なのは分かってます。許して。

 

 

 

 

あらすじとかは文化デジタルライブラリーに頼ろう

一応公式。

www.kabuki-bito.jp

 

知ってる方も多いとは思うんですが、このサイト☟便利です。

大学の講義でもまれに予習用で使われるレベルで情報も正確です。

 

www2.ntj.jac.go.jp

 

あと今回の上演される場面の中だと見せ場の1つになるのかな、という髪梳きなんですけど、これ表現することとして2系統あって

 

1,女が愛する男の髪を梳いてやるもの。→男女の情愛のこまやかさを表す。

2,女性がひとりで自分の髪を梳くもの。→嫉妬に狂った女の髪は逆立つことから、嫉妬の激しい怒りを表す。

 

で、今回は2の方です。

愛と恨が似たような表現で表裏一体になっているのがヤバいです。

髪の毛のホラーさはここからも来てるのか…。

 

 

古典芸能観に行くと大体語彙力が下がった感想しか出てこない

 

玉三郎さんが美しすぎ…えええ…(放心)

 

以上!

 

…だとあんまりなのでもうちょい書きます(笑)。

 

とにかくお岩さんが1人で語るシーンとかの迫力がマジでやばいです。

 

毒だってことを知ってからの声の音程音量の下がり方(すげえ低くてちっさい声なのに3階席まで余裕で聞こえるという謎現象)とかマジで「お岩さんが爆誕してしまう…(全身から冷や汗)ぐらいに怖かったです。気持ち場内の温度下がらなかった???気のせい??

 

照明が、舞台中央のお岩さん以外、ほとんど真っ暗になるのも最高ですよね。

マジで舞台上全部のエネルギーがお岩さんの恨みの感情に集中していってほんとに怖いんですけど!!?チビるぞ!!?

 

あと桜姫観た時も思ったんだけど、登場人物の感情が手に取るように伝わってくるの本当に感動します。

基本舞台観ていて、「あ、今自分、登場人物にめっちゃ感情移入してるわ…」となることはあっても「なんかものすごい強い○○の感情が伝わってくる…!」と感じることは、古典芸能以外でほぼ皆無なので、みんな定期的に能・文楽・歌舞伎は観に行こうね!!

時代を超えて、変わらない人間の業みたいなのがビンビンに伝わるよ!!こんにちはパック!!

(突然のシェイクスピアへの脱線)(あと関係ないけど最近能楽堂に全く行けてなくてつらい)

 

 

お岩さん、今回初めて生で観たんですけど、髪梳きにかけての見た目の変化はマジでホラーでしかないし(そしてそれでも壮絶な色気なのは何事だろう…??)、じっとりした恨みの感情ももちろんすごいセリフを通して伝わってくるんですけど、同時に、信じていたのに裏切られた悲しさとか、自分の顔が醜く変わってしまった辛さとか、そういう心の痛みがありきでの「恨み」なんだな…となんかものすごく実感しました。

 

考えてみれば、どうでもいい相手に対しては「恨み」なんか抱かないし、なにかしらポジティブな感情を向けていたからこそ、それが反転するような出来事を通して、ネガティブな「恨み」に繋がっていくのは、当たり前なんですけど、まあ実生活でそんなに人を恨んだことがないので、改めて気づいた、というか…。

 

うーん、お岩さんを幸せにしてあげ隊が心の中で発足しそうな感じ…。

 

ただ伊右衛門も恨めないんですよね…。タフというか…。

現実にいたら絶対許さないぞこのクソ野郎案件ですけど、南北の描く悪役って、妙に吹っ切れていてかっこいいからタチが悪い…。

 

あと二幕で、みんな綺麗な姿で登場して決めポーズするのは、「美しいものみたい欲」が十分に満たされたので、最高でした。

 

やっぱり歌舞伎は楽しいです!!

まだ残暑が厳しい中で東海道四谷怪談観られたのは一生の思い出!!

 

明日は井上ひさし『ムサシ』を観に行く予定です。

とりあえず今日はオンライン授業頑張ります!さらば夏休み!!

 

あと詳しくは書けないんですけど、昨日若気の至り的な事をやらかしたので、記念にそのことだけ書いておきます。今までやらかした若気の至りって、夜に公演観に行って、メイク落とさず寝るぐらいだったので、ようやく至りらしいことができて満足です!!

詳しく書きたくないだけで、犯罪じゃないので安心してください(笑)。